失敗を上司に伝える時に注意する事3選!失敗を成功につなげるための報告会話術

後処理をしっかりする事で逆に高評価を得られるかも?

失敗は誰だって起こすものですが、報告の仕方や説明の仕方を間違えると小さな失敗も大きく評判を落としてしまう結果になるかもしれません
失敗の報告の際に聞かれる事と言わなければいけない事は決まっています。以下を参考にしっかりセリフを考えてから本番に挑みましょう。

報告する前に失敗した経緯を整理

失敗を説明するために失敗に至った経緯をまとめましょう。経緯の説明がうまくいかないと報告がグダグダになってしまいます。

失敗の原因の理由を伝えるタイミングを間違えるとすべてが言い訳になってしますかも

失敗には原因があります。原因の理由を説明すると言い訳に聞こえてしまう場合があります。まず原因をしっかり伝えて、その後に相手が「なぜ、それを行った?」と言われたら判断した時の自分の意志を伝えます。簡潔に「〇〇と判断して行いました。」っと伝え無駄な言葉は省きましょう。

相手の目を見てしっかりした口調で話をする。

口調は相手に聞こえて聞き返される事が無い程度が適切です。相手の目を見て反省している表情で報告をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました