英語・英会話アプリを使った単語勉強と文法習得に行き詰まりを感じた時に試してみる対策、これでTOEIC・TOEFL 学習の効率アップ

reading book

TOEIC で重要なポイントになる単語量とリーディング力

今回の対策は TOEIC・TOEFL 対策ではないため、TOEIC に必要な単語をすべて覚えることを想定していません。しかし、長く TOEIC 対策をしているとマンネリで効率が悪くなってしまいます。そんな時に息抜きでこの対策をやってみると思わぬ効果が生まれます。

洋書を読む

TOEIC 対策でニュースを読む学習者はたくさんいると思いますが、ストーリーのある洋書を読むことで新鮮な気持ちで英語を学習できます。書籍を購入せずとも図書館で借りるのも手です。以下書籍選びのポイントと学習の注意点を理解して自分にあった書籍を読みましょう。

書籍のレベルと自分の英語レベルを考える

難しすぎる書籍は読む事より調べる事が多くなり学習の妨げになります。自分の英語レベルよりレベルが低い書籍を選びましょう。専門書籍もおすすめはしません。書籍の総ページ数も少ないほうが気軽に読めます。

分からない単語や文法が出てきたらとりあえず無視する

分からない単語・文法が出てきても、無視して読み進めましょう。可能であれば分からない単語・文法はメモを取っておくと良いです。調べるのは後回しで読むことを優先しましょう。その単語を知らないことでストーリーの理解が難しくなった時は調べましょう。

コンテキストから単語・文法を理解する

何でもかんでもすぐに調べる癖があると読書の楽しみを奪うだけでなく、文法から意味を理解する力が育ちません。日本語も全体の文を理解する事で若者言葉の意味を理解できるように、全体(コンテキスト)に基づいてストーリーを理解するようにしましょう。その後答え合わせの感覚で辞書なりで調べましょう。

何度も読む

2〜3周するつもりで読みます。1回目はただ見るだけ、2回目は分からない単語を書き出す、3回目でストーリーを理解してみるなど、段階的に読む事が効果がでます。完璧を求めず何度も読み返してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました