ソニーが Xperia のハイエンドモデル「Xperia 1」を発表!トリプルカメラ搭載で4K解像度の有機ELディスプレイも搭載、そしてミッドエンドクラスとなる Xperia 10 / 10 Plusも同時に発表

Xperia 1

現在、バルセロナで開催されている MWC 2019 にてソニーモバイルコミュニケーションズが「Xperia 1」と「Xperia 10 / 10Plus」を発表しました。

今年に入りSamsungHuawei が折りたたみスマホを発表するなかで Xperia 1 は折りたたみではなく、今までにない画面比21:9という非常に縦長の6.5型有機ELディスプレイを搭載。そして有機ELでは世界初の4K解像度(3840×1644)が特徴だ。横幅は使い勝手を考慮して72mmに抑えているが映画など映像コンテンツを存分に楽しめる工夫がされている。

搭載されいてるカメラは流行りのトリプルカメラ仕様、26mm相当/52mm相当/16mm相当の3つの焦点距離のレンズを組み合わせて超広角から光学2倍や背景ぼかしなど幅広い撮影を可能としている。加えて「瞳AF」機能も搭載している。

Xperia 1 と合わせて Xperia シリーズのミッドエンドクラスとなる「Xperia 10 / 10 Plus」とローエンドクラスとなる「Xperia L3」を発表、具体的な値段は発表されていない上に日本発売は未定

タイトルとURLをコピーしました