Googleが安全なインターネット生活のために強度の弱いユーザー名・パスワードを警告してくれるChrome拡張機能「Password Checkup」を無償でリリース

Password Checkup

この機能は過去に危険にさらされた可能性がある40億件以上の情報と、ウェブブラウザー上で入力されたユーザー名・パスワードを照合して一致した場合は、パスワードの変更を促すための警告画面を表示する機能だ。
現状ではユーザー名とパスワードの両方の流出が確認された時に警告をするため、“123456”や”abcdef”といった弱いパスワードの使用だけでは警告を表示しない。
Password CheckupはGoogle以外のサービスも、上記の仕組みを利用できるようになっている。
しかも、スタンフォード大学と共同で開発しており、ユーザーのログイン情報はハッシュ化・暗号化して検知を行うため、Googleにも知られることのないよう配慮されている。

製品ページ

タイトルとURLをコピーしました