筋トレ・ウェイトトレーニングの効果が感じられない時に確認する4つのコツ

training

負荷をかけ過ぎ、または負荷が足りない

ウェイトトレーニングは負荷が軽すぎても重すぎでもよくありません。1セット10〜12回が行える程度の重さで3セット行いましょう。

正しいフォームができていない

間違ったフォームでトレーニングを続けると怪我をしてしまいます。正しいフォームは詳しい人に教えてもらうかYoutubeなどでお手本を探しましょう。コツは鏡と向き合って鍛える部分を意識してゆっくり動作を行う事です。

トレーニング時間が長い・メニューが多い

トレーニング時間が長いと集中力が持たずに鍛える部分に意識を集中できずに効果が出ない場合があります。週1日に2時間トレーニングするより週4日に30分行った方が効果があります。日毎に鍛える部位を変える事でバランスよく鍛えられます。

メニューのマンネリ

トレーニングを続けていると同じ事の繰り返しで体が馴れてしまい効果が薄れ集中力も散漫になりやすく怪我をする可能性もあります。そんな時はやり方を変えて、マシンを使ったトレーニングをしたり自重トレーニングをしてみたり、または新しい種目に挑戦すると体に新しい刺激を与えられて効果が上がります。

タイトルとURLをコピーしました