コミュ障が聞き上手になるためのたった3つのコツと注意

woman

ボディランゲージと話を聞く姿勢を見直す

ボディランゲージは会話をする上で必要不可欠な要素です。しかし使い方を誤ると誤解をまねきます。
例えば、腕を組んで立ちはだかるような姿勢で話し手に接していると怖い印象を与えてしまいコミュニケーションに問題が発生します。手は相手に見える場所で体の力を抜いてリラックスして話を聞くようにしましょう。

適切で適度な相づちが話を加速させる

そっけない「そうなんですね」を繰り返していると相手が話を止めてしまいます。いくつか相づちのセリフを用意して使い分けましょう。相づちの中でも効果的なのはオウム返しです。相手が言ったセリフをそのまま返すだけでできる簡単な技ですが効果は絶大です。
話し手「昨日は頭が痛くて・・・」聞き手「昨日は頭が痛かったんだね」これで立派なオウム返しです。

話し手の褒めるポイントを見つける

相手の話を聞いて相手を褒めます。話によっては話し手を褒める所が見つけられない時もあるかもしれません。小さな事で良いので褒めます。
相手を褒めるのが苦手な人はテレビやネットの記事を観てそれに対して何か一つ褒めるポイントを見つける練習をすると実際のコミュニケーションに活かせる事ができます。

タイトルとURLをコピーしました