【Python】venv 仮想環境のPythonバージョンを後から変更する方法

Python-logo
Python

環境 macOS 10.15.7

現状インストールされているPythonのバージョンを確認します。

$ pyenv versions
  system
  3.7.9
* 3.8.5 (set by /Users/user-namae/.python-version)

*が現在利用しているバージョンです。

上記コマンドで利用したいバージョンがない場合はインストールします。

インストールできるバージョンを確認します。
$ pyenv install --list
利用したいバージョンをインストールします。
pyenv install 3.7.9

バージョンを切り替えます。

pyenv global 3.7.9
バージョンを確認します。
$ python --version
Python 3.7.9

仮想環境のバージョンを切り替えます。

切り替える時にクリアコマンドを実行するので今までインストールしていたパッケージが削除されます。回避したい場合は、requirement.txtを作成してください

(venv)$ pip freeze > requirement.txt #requirement.txtを作成
仮想環境のバージョンを変えます。
$ python -V
Python 2.7.9
$ python -m venv .venv --clear
$ .vev/bin/activate
(.venv)$  python -V
Python 2.7.9
タイトルとURLをコピーしました