ついにGoogle Chromeの兄弟になったMicrosoft Edgeがリリース!しかしオンラインで確定申告を予定している人は確定申告が終わってからアップデートしてねと公式のコメントあり!

Microsoft Edge

Edge(旧姓インターネットエクスプローラー)はWindowsに標準で搭載されているWebブラウザだ。Webブラウザは過去にIEが独占していたが、Google Chromeが登場してからシェアを順調に下げていき今ではサポート終了。そしてEdgeと改名して再スタートを切った歴史がある。

今までのEdgeと何が違うのか?

今までのEdgeはマイクロソフトが独自開発していたブラウザエンジンを使用していたが、新しいEdgeはマイクロソフトがエンジン開発をやめて、Google Chromeと同じエンジンを使用する構造となっているのが大きな違いだ。つまり兄弟ブラウザとなった状況だ。

操作感はGoogle Chromeと変わらない

つまり、操作性はGoogle Chromeと変わらず、そしてGoogle Chromeで利用していた拡張機能をEdgeで利用する事ができる。この変更でユーザーがしなければいけないことは何もない。

確定申告をオンラインでする場合はアップデートしないで

新しいEdgeは現在自動アップデートは停止されており、利用したい場合は手動でアップデートを行う必要がある。その理由は、日本のオンライン確定申告がIE11でしか動かない事が原因である。確定申告をオンラインでする場合は手続きが完了するまでアップデートはしない事が推奨されている。
恐らく来年度には新しいEdgeに対応する事が予想される、つまりGoogle Chromeでもオンラインで確定申告ができる事になるであろう。

製品ページ

タイトルとURLをコピーしました