【Laravel】マイグレーション後にカラムを追加したい時に行うフェーズ

Migration でテーブルにカラムを追加する方法

Migration

LaravelはDBを管理するのにとても役立つMigrationがありますが、一度テーブルを作った後にカラムを追加する場合は少し面倒です。DBにログインして直接コマンド叩いたほうが早いかもしれませんが、Migrationでカラムを追加する方法を紹介します。

ターミナルからupdate用のファイルを作る

ターミナルでLaravel直下に移動して以下のコマンドを実行します。テーブル名の箇所はカラムを追加したいテーブル名を記述してください。

$ php artisan make:migration update_テーブル名_table --table=テーブル名

実行後、Laravel > databases > migrations の中に「日時updateテーブル名_table.php」のファイルが作成されます。ファイル名の「日付」はコマンドを実行した日時です。

PHPを編集

「日時updateテーブル名_table.php」のupメソッドの中に追加カラムを記述します。記述するカラムは追加するカラムのみで既存のカラムは記述不要です。

public function up()
    {
        Schema::table('テーブル名', function (Blueprint $table) {
            $table->integer('num');//追記したいカラムだけを書く
        });
    }

migrate を実行

ターミナルでLaravel直下に移動してmigrateを実行します。

$ php artisan migrate
Migrated: ファイル名

ファイル名の表記がでればカラムが追加されています。

タイトルとURLをコピーしました