Oracle Java にコンピュータを制御される恐れがある脆弱性があることを発表!早急に修正プログラムの適用を!

コンピュータ・ウィルス

Oracle Java

Oracle Java SEに重大な脆弱性があり、任意のコードが実行されるとコンピュータを制御される危険性があることが発表されました。

対象

サポート対象は下記製品です。

Oracle Java SE 12.0.1
Oracle Java SE 11.0.3
Oracle Java SE 8 Update 212
Oracle Java SE Embedded 8 Update 211
Oracle Java SE 7 Update 221

対策

Oracle 社が修正プログラムをリリースしているのでそちらを適用させ最新のJavaを利用することで問題は解決できるようです。

参考情報

Oracle

Java

タイトルとURLをコピーしました