Adobe CC シリーズ 次期メジャーアップデートで32bit版Windowsをサポートしないことを発表!(Acrobatを除く)

Adobe
Adobe

Adobe Creative Cloud

PhotoshopやIllustratorなどを使うクリエイターにはおなじみのAdobe CC が次期メジャーアップデートで32bit版Windowsをサポートしない事を発表した。なお、Adobe Acrobat については例外となり次期バージョンで32bit版のサポートを行う

全アプリケーションで64ビット版Windowsが必須

すでにCCアプリの大半は64ビット版が必須となっている。一部のアプリでは旧バージョンを利用する事で32ビット上でも利用する事ができたが、次期メジャーアップデートがリリースされるタイミングで32ビット版Windowsでは旧バージョンのアプリも利用できなくなる。

プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました