2019年に発売されるChromebookはすべての Linux アプリ が利用可能になる。Crostini を使えばシステムハックは不要

Chromebook with Linux

今回開催された Google I/O 2019 Developers Conference にて
今年(2019)に発売される Chromebook は Linux アプリが利用できるようになることを発表した。

今後発売される Chromebook はすべて Crostini が対応予定

今までも一部のChromebook(主にフラッグシップモデル)では Crostini が対応しており Linux アプリを利用できていたが今後は発売される Chromebook はすべて Linuxアプリが利用できるようになる。Chromebookは最低限のスペックで低価格で購入できるラップトップのイメージが強くできる事もPCライトユーザー層に向けている印象があるが、今回の対応で開発もできる低価格ラップトップになる可能性を秘めており、教育シーンでの活躍も期待される。

Google I/0 2019

タイトルとURLをコピーしました