Chromiumベースの Microsoft 「Edge」正式発表!なんとEdgeの中で Internert Exoloer(IE) 生存している事が判明! IEは死にません。

Internet Explorer と WEB

Internet Explorer(以下 IE)は 以前のWindows OS にプリインストールされていたインターネットブラウザだが、このIEはクセが強くWEB開発者から嫌煙されていた。しかし会社ではWindowsが提供している正式ブラウザという事で社内システムをIEにしている会社は多く存在している。
Microsoftは数年前にIEシリーズのサポートを終了し Edge として再出発したが昨年末に独自エンジン開発での限界を見切りをつけたのか、Chromiumベースに切り替える事を明言していた。

Chromium ベースになると何が変わる?

「Microsoft Build 2019」にてEdgeがChromiumベースになることが正式に発表された。今回の発表により新しい Edge は人気ブラウザ Google Chrome の兄弟となった。Google Chrome のベースもまたChromiumだからだ。
つまり、人気ブラウザと同じエンジンを積むことによって能力のポテンシャルは同一となる。

新しい Edge でInternet Explorer モードが使える。

新しい Edge には 完全なInternet Explorer11 互換性がある「Internet Explorerモード」を準備しており、社内システムにIEを採用している企業にも配慮している。 

Microsoft ブログ

タイトルとURLをコピーしました